高級宇治茶(抹茶・緑茶・玉露)の通販

  1. HOME
  2. 美味しいお茶の入れ方
  3. 玉露の美味しい入れ方

玉露の美味しい入れ方

ぬるめのお湯に多目の茶葉。ゆったりと静かな気持ちで時間をかけて入れましょう。

玉露を美味しくいただくには、特にお湯の温度が非常に重要です。およそ50度前後のぬるめのお湯でじっくりと入れると、緑茶の旨味成分であるテアニンが引き出されます。あついお湯で入れると、苦みのもとであるカテキンが多く引き出されてしまい、せっかくの玉露の持ち味が台無しです。また、茶葉の量は1人分3~4gと多めに使用し、抽出時間も2~3分と長めにとります。

まったりとした味わいの玉露は、少しの量をゆっくりと味わいながらいただきます。少しの量をいただくので、急須や茶碗等の茶器も、小振りの玉露用のものを使用します。3人分を入れるとして、急須は90ml、茶碗は40mlくらいの容量がちょうど良いです。
できましたら、湯冷ましを用意すると、より本格的です。

  • ふじや茶舗の玉露
  1. 急須にお湯を入れて湯冷ましします。
    ※お湯の温度の目安は、上茶で50度並茶で60度
    ※茶器は玉露用の小さめのものを使用します。

  2. 急須のお湯を茶碗に5~6分目ほど入れます。
    ※お湯の量の目安は3人分で60~70cc.。

  3. 急須にお茶の葉を入れます。
    ※茶葉の目安は3人分で10~12g(大さじ軽く2杯分)

  4. さました茶碗のお湯を急須に入れます。
    2~3分ほどまちましょう。

  5. 急須のお茶を茶碗に注ぎ分けます。
    ※均等に、濃淡の無いように回し注ぎ(3~4回往復し、各茶碗の量と濃度がそろうように)、最後の1滴まで絞りきります。

ワンポイントアドバイス

玉露は、まったりとした甘みが命です。湯ざまししたお湯の方が甘みが増します。
少し多めかなと思う量のお茶の葉を入れ、ゆったりのんびり入れるのがコツです。
量の目安は、お茶約10gに70cc.です。

種類別の入れかた

  • 玉露を入れる
  • 煎茶を入れる
  • 抹茶を点てる
  • ほうじ茶を入れる
  • 冷茶を入れる
  • 冷抹茶を点てる
  • 秋の蔵出し新茶
  • 宇治茶と急須のセット:これから緑茶を楽しみたい方への贈り物に
  • OCHA TUBE:お茶に関する動画のご紹介
商品一覧
宇治茶詰め合わせ
缶入り玉露
缶入り煎茶
缶入り宇治茶
抹茶
玉露(高級玉露)
煎茶
ほうじ茶
雁ヶ音
かぶせ玉露
深蒸し茶
芽茶
玄米茶
京番茶
粉茶
グリーンティー
ティーバッグ
健康インスタント茶
和紙缶入り宇治茶
宇治茶と京せんべい
お茶の道具
お慶び事(御祝・内祝)に喜ばれるお茶
お悔み事(仏事・法事)にお勧めのお茶
  • 高級料亭でも使われている抹茶パウダー
  • ガラガラプーで健康生活!うがい用京煎茶
  • 熨斗の種類と書き方
  • 日本茶の保存方法
  • お茶の美味しい入れ方
  • お茶を使ったレシピ
  • 緑茶Q&A
  • 緑茶の成分と効用
  • お茶の用語集
高級宇治茶(抹茶・緑茶・玉露)の通販-ふじや茶舗
〒605-0862 京都府京都市東山区清水2-211
URL:https://www.fujiya-chaho.com/
MAIL:info@fujiya-chaho.com

Copyright(c) 通販で宇治茶(抹茶・緑茶・玉露)をお届けFujiya-Chaho Co.,Ltd. All rights Reserved.